あと何回、親に会えるのか(北海道札幌市豊平区・遺品整理)

LINEで送る
Pocket

子供の頃は親がいて当たり前と思いますが、

成人して、仕事をして、結婚して、子供ができて・・・と、

自分の仕事や生活、家庭を持つと、両親とは疎遠になってしまう方も多いと思います。

特に仕事や結婚で親元を離れると、1年に1回、数年に1回しか親に会わない・・・

そんな方もいらっしゃると思います。

遺品整理社札幌本部では、札幌での遺品整理のご依頼もいただくのですが、

札幌にお住まいの方の中には、地方に実家があり、親御さんがそこに住んでいる、

そういったケースが非常に多く、そんな地方での遺品整理のケースも非常に多いのが

実情となっています。

 

札幌の豊平区のお客様からのお問い合わせで、

実家に一人で住まわれていたお父様が孤立死し、ご相談を受けた際ですが、

お父様は岩見沢市にお住まいで、5年ぶりの再会がお父様の死だったそうです。

「普段、そのうち会いに行こう、会いに行こうと思っていたら・・・」とお客様は、ふと漏らし、

「親元を離れてから、自分は親に何回顔を見せたんだろうか・・・」と、悲しげにお話されていました。

 

「いつでも会える。それが会えずじまい、永遠の別れ」

人は生きていて当然と思いがちですが、

人の死を迎えた時に、はじめて生きているということの大切さに気づきます。

 

親御さんが遠くに住んでいる方は数えてみてください。

1年に1回、親御さんと会っていて、その親御さんが60歳だとしたら、

平均寿命の80歳まで、あと20回くらいしか会わないことになります。

子供の頃なら毎日いて当たり前だった親御さんが、

あと、たったの20回くらいしか会えない・・・

そう考えると、親と会う時間の大切さに、ふと気付かされる今日このごろです。

 

※個人の特定を防ぐため、一部内容を変えてフィクションとして書いていますのでご容赦ください

遺品整理社札幌本部

当社が選ばれる理由

遺品整理社が選ばれる7つの理由

テレビ出演しました!

遺品整理社がHBCテレビの取材を受けました

2013年8月7日にHBCテレビ放送の「今日ドキッ!」にて弊社代表が遺品整理サービスと供養について取材を受け、出演いたしました。

遺品整理屋さんのブログ

遺品整理屋の日記ブログ

エリアセンターご紹介

社長の四方山日記

対応地域

■出張見積もり無料対応地区
・室蘭・登別・伊達・壮瞥町
・洞爺湖町・豊浦町・白老町
・苫小牧・千歳・恵庭・北広島
・札幌・小樽・江別・石狩
・岩見沢・夕張

■遺品整理作業出張無料地域
・室蘭・登別・伊達・壮瞥町
・洞爺湖町・豊浦町・石狩
・札幌・小樽・北広島・千歳
・恵庭・苫小牧・白老町・江別

その他地域はご相談ください

私たちの社会貢献

遺品整理社では下記の団体へ、収益の一部を寄付いたしております

東日本大震災復興支援財団
東日本大震災復興支援財団

NPO法人 J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動
室蘭・登別・伊達の遺品整理